既に「わが国の出入国管理の一部を外国人が担う」という恐ろしい事態になっている らしい

これは、かなり問題なんじゃないかと思うのだが・

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


皆さま
お疲れ様です。

新たな入管の危険情報を発見いたしました。

外国人在留総合インフォメーションセンターの運営業務が平成22年度から民間競争入札実施されています。
詳細はこちらをご覧ください。
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri06_00009.html

入管業務の窓口業務を民間に委託するとは信じられません。

平成22年度外国人総合インフォメーションセンターの運営業務民間競争入札の落札者の決定について
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri06_00011.html
1 東京入国管理局
 (1)落札者の名称:アイエーカンパニー合資会社
 (2)落札金額(税抜き):153,000,000円
2 東京入国管理局横浜支局
 (1)落札者の名称:アイエーカンパニー合資会社
 (2)落札金額(税抜き):39,240,000円
3 名古屋入国管理局
 (1)落札者の名称:株式会社アバンセコーポレーション
 (2)落札金額(税抜き):51,371,790円
4 大阪入国管理局
 (1)落札者の名称:アイエーカンパニー合資会社
 (2)落札金額(税抜き):36,000,000円
合計279,611,790円になります。

平成22年度入国・在留手続の窓口業務民間競争入札の落札者の決定について
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri06_00012.html
1 東京入国管理局
 (1)落札者の名称:アイエーカンパニー合資会社
 (2)落札金額(税抜き):86,400,000円
2 東京入国管理局横浜支局
 (1)落札者の名称:アイエーカンパニー合資会社
 (2)落札金額(税抜き):17,280,000円
3 名古屋入国管理局
 (1)落札者の名称:日本コンベンションサービス株式会社
 (2)落札金額(税抜き):29,535,062円
4 大阪入国管理局
 (1)落札者の名称:日本コンベンションサービス株式会社
 (2)落札金額(税抜き):17,275,485円
合計 150,490,547円
総合計 430,102,337円

パブリックコメント:意見募集中案件詳細
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=300130041&Mode=0
いつの間にかパブリックコメントの意見募集を行っていたのでしょうか。

異常としか言いようがありません。
皆さま、抗議をお願いいたします。
くれぐれもお体にはご自愛ください。

***頂いたコメントは以上***

●このコメントを拝読し、以前にも当ブログで外国人参政権や帰化の問題について質問させて頂いた、外国人在留手続の専門家に話を伺いましたところ、次のような驚くべき回答を頂きました。
Q.:〔しーたろう〕 A.さん:外国人在留手続の専門家

***

Q.:「入国管理局の窓口業務を民間企業がやっているって本当ですか?」

A.:「本当です。東京入国管理局の申請書を提出する窓口には『アイエーカンパニー合資会社』という企業名が表示されています」

Q.:「その民間企業で働いているのはどういう人たちなんですか?」

A:「その企業に所属して働いているのは国籍は不明ですが、純粋な日本人ではないようです。東京入国管理局の場合、申請書類受付窓口のほぼすべてで日系人のように見える方々が片言の日本語で対応しています。ネームプレートを見ると、苗字が漢字、名前がカタカナだったりします」

Q.:「その企業は窓口でどのような仕事をしているんですか?」

A.:「申請書類を受理して不足の書類が無いか否か、事務上のチェックをしているんです。具体的な審査は入国管理局の職員が行っているのでしょうが、窓口において事実上、外国人在留審査の一部を担っているわけです。他の同業者がどう感じているかはわかりませんが、私は違和感があります。これがまだ通訳として勤務しているのならば理解できるんですが、そうではないんです」

入国管理局は日本の方には馴染みが薄いかもしれませんが、一度窓口の様子をご覧になると私の申し上げたことが容易にご理解頂けると思います。
http://www.immi-moj.go.jp/soshiki/kikou/tokyo/sinagawa.html

Q.〔しーたろう〕:「!!!。貴重なお話をお聞かせ頂き、有難うございました。」

***

●どうやらこの問題は、単なる「窓口業務の民営化」レベルではなく、既に「わが国の出入国管理の一部を外国人が担う」という恐ろしい事態になっているようです。

そこで当ブログではこの事態を重く見て、駄文ながら意見書文例を公開し、関係機関に送信することにいたしました。

※送信につきましては、ペンネームで結構です。
※ご賛同頂ける方は、よろしくお願い申し上げます。

"既に「わが国の出入国管理の一部を外国人が担う」という恐ろしい事態になっている らしい" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント