誤号機

作り慣れてきたので、決定版と思って、電源トランスに奮発して作ったのがこちらの号機です。

画像


トランスがでかい分横に広い構造です。
内部はこう。

画像
画像


変なところに大量のホットボンドが認められますが、LEDの穴を大きめに開けてしまい、固定に難儀した努力の跡です。

トランスはこれ

画像


必要の倍以上の容量を誇りますが、無駄です。音は変わらなかったです。

なおかつ、電源をちょっと特殊なユニバーサルボードに作りましたが、コンデンサーを二つ忘れてしまい、無理矢理くっつけています。で、誤号機の名に恥じない、間違いっぷりです。

本当は、これで打ち止めのつもりだったので、据え置きで安定して使える事を目指しましたが、気合いが空回りしすぎた感じですね。

アンプ基板はぺるけさんの通りです。

画像


東信のオーディオ用コンデンサーとかタクマンのREYの抵抗とか使っていますので、少しだけリッチ仕様ですが、音はあまり変わらないような気がします。これも後で改造すると思います。

"誤号機" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント