現在のオーディオシステム

スピーカー 自作3way

 ウーファー オーディオテクノロジー 15E102 本当はちょっと違い、磁気強化盤 200L密閉 24mm hdf 使用 ベンチレーションつき

 ミッドレンジ オーディオテクノロジー 4H52 45L密閉 24mMDF二枚重ね。フロントは三枚重ね。斜めに削ってある。ベンチレーションあり 

 ツイーター Accuton BD20-6-031 現在はむき出し。たぶん将来もむき出し。


MIDとTWは3000Hzくらいで一次のクロスオーバー。位相は40m程度後ろでそろった。


WFとMidはチヤンデバで切っています。

チャンデバ  ラックス FL-202 250もしくは380Hzで3次

パワーアンプ  

 mid-tw メリディアン 556 重い温度上がらないそっけない

 Wf   NuForce  Stereo Power Amplifier Stereo 8.5 V3

低域の押し出しと制動はものすごいものがある。中高域は若干の荒さと現時のよさが感じられるのが残念「、そこそこ暖かくなる。

 なお、ウーファーの周波数特性改善用(ローブースト)にコントローアンプを入れています。スピーカーとはこのQを出来るだけ下げて、そうなると、静かで反応のいい低音になるが、量が足りないので、ローブーストをかけると頑丈で能力の高いウーファーならものすごく下までフラットに出せる。アンプの負担がものすごいので、デジタルアンプが出てきたわけだ。


プリアンプ 

 マークレビンソン ML-32L   どんな装置がつながれようが、余裕でいなしてしまう、うちの音色の要。


CD SACD

 エソテリック P-05 D-07 U-25  SACDはものすごくいいです。あれを聞いている分には、ハイレゾ音源は要りません。それほど圧倒的な音質の優位性があります。なんでおれハイレゾやっているんだろう



録音機材

 マイク AKG C414Uls  吹かれには弱いが、うちでは最強

     テクニカ AT580  中低域がいまひとつ。すべて上ずってしまう

     テクニカ AT822  バランスは良いがなんかやる気の無い音。音は入っているが楽しくない。

     
 レコーダー   コルグ MR-1000  録音機としてたぶん最強

          コルグ MR-2      バックアップ機

          タスカム          ポータブルDAT


マイクアンプ  シュアー FP-40  高級感は無いが、生まれていた音が復活する



audio-technica ポータブルヘッドホン ATH-ESW9
オーディオテクニカ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by audio-technica ポータブルヘッドホン ATH-ESW9 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

同感です
2011年07月14日 05:54
ハイレゾは掛け声倒れですね。音を出してみるとなんだこりゃという感じです。初心者は騙されるでしょうが。
SACDはオーディオ専用機の作り込の差なのでしょう。
ハイレゾの意義はあるが
2011年07月14日 10:13
コメントありがとうございます。

ハイレゾの意味はあるのですが、その意味を引き出しまでのノウハウや投資金額が半端ではない。予算を限った場合、たとえば10万円とした場合、CDやSACDはそこそこの音が出てくるが、ハイレゾは下手すると音出しもままならない。出てくる音も悲惨だったりする。ということで、現時点ではものすごく敷居が高いし、コストパフォーマンスも低いです。
やらなくてはならないことが山ほどあるので、そのことを楽しむには良いと思うのですが。

この記事へのトラックバック