エレキットのUSBDAC、セルフパワー化

エレキットのUSBDACのPS-3249Rを、再度セルフパワー化しました。今度は三端子レギュレーターのピンアサインをきちんとつけたというか、78xxシリーズをくっつけたのでまったく問題なく完成しました。加えてFOXのTCXOもぶっこみました。きちんと認識されまともに動きましたのでたぶん大丈夫だと思います。

まだまだ音がこなれていません。とりあえず電源作って(現在006Pで動作中)、半導体リレーでUSBバス連動にして(うまくいくかどうか判らないですが、少なくともPCにつなぎっぱなしにしていれば勝手に電源をオンオフしてくれるはずです。)ケースに入れると。ここまでやっておくことにします。電源電圧は7805FAの電圧降下分を見ればいいので9vで十分だな。

LEDとか使わないで普通に三端子レギュレーターでやってしまおうっと。

"エレキットのUSBDAC、セルフパワー化" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント