二号機電源部

FET差動式でなくなったため、電源は3.3v二つです。prostさんのLED電源です。両方とも20mA程度で良いので特に放熱器は必要でないのですが、念のため付けておきました。

画像


ちょうど良いVf電圧のLEDが無かったので苦労しました。最終的に3.6v弱となりました。ぎりぎりですがpcm2704の規格内ですので大丈夫でしょう。

LPFはぺるけさんの部品を使っています。一応OSコンを使っていますが、手持ちの東信の低ESRタイプが無くなったので使っちゃいました。

画像


トランスはタンゴのTpAs-2Sです。定数はぺるけさんのところと同じです。出力はバランスとアンバランスと出しています。アンバランスの時はバランスのコールドをGNDに落とさないとだめなので、トグルスイッチでバランス・アンバランスを切り替えるようにしてあります。手抜きでホット側がつないだままなので、スイッチがバランス側でもアンバランスから小さい音が出るようになっているので要注意です。これはきちんと両方切断すべきです。ま、いいか。

できあがりはこんな感じです

画像


電源を入れて、USBを接続するとこんな感じです。

画像


接続は、電源を入れてからUSBをつなぎます。接続してから電源を入れて認識されるかどうかはわかりません。接続中に電源を落とすと、本来ならノートPCから音が出ますが、この場合は音が出ません。USBケーブルを抜くとノートPCから音が出ますので、接続が解除されないのでしょうね。

音は、最初の三十分はものすごくショボイ音でした。高音が出ないし、抜けがすごく悪い。我慢してさらに一時間鳴らしていると見違えるようになりました。

LCフィルタのみの1号機と比べて、楽々と音が出ています。半日くらいたったらもう一度電圧をチェックしてみます。

"二号機電源部" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント