デブと姿勢

自転車乗りの基本姿勢は、低く遠くである。上体を低くハンドルを遠くに設置する方が綺麗でかっこよくて早い。ただし、腹筋と背筋をきちんと強化しており、その姿勢で乗れる人限定のポジションである。



デブの場合はそんなに遠くなく高く。となる。


デブは上体の重量が大きいので、前傾した場合腕に大きく体重がかかる。腹筋と背筋で支えられないのだ。で、ハンドルが遠い場合上体が伸びてしまって骨盤を立たせることができなくなる。骨盤が寝てしまうと股関節の可動域が狭くなり、太ももは腹に干渉し手の加重は増えてしまい、手もケツも痛い悲惨な状態になる。

従って、ある程度上体を起こした姿勢で、ハンドルの位置が決まってくる。下手するとサドルの高さとハンドルの高さが同じになってしまう可能性も出てくる。自転車としてはカッコが悪いこときわまりないのだが、(特にデブは)背に腹は代えられないので、そういうポジションを作るようにする。

要点は二つ。骨盤を立てると言うことと、太ももを一番あげた状態で腹との干渉を極力少なくすると言うことだ。空気抵抗は大きくなるが、トレーニングだと言い聞かせてがんばるしかない。デブの呪いでも良い。


この状態で、できるだけ座ってペダルを回す(シッティング)ようにする。立ちこぎ(ダンシング)をしても良いが、立ちこぎというのは空気いすをしながらこぐようなものだから、足に体重を支える余分な力が必要になる。体重が軽くて筋力があれば問題ないのだが、体重が重くて筋力と体重のバランスが取れていない場合は、立ちこぎのために立つだけでかなりの運動量になる。片足スクワットを高速で行っているに等しい状態になる。この疲れ方は半端無いので、相当なことがない場合は、シッティングで走るようにする。


長時間長距離を走るためには、足の力のいれ具合を一定に保つ必要がある。力のいれ具合が一定でないとそれだけで疲れてしまうのだ。ダンシングは一定にはならない。きわめて大きくなるのだ。従って、一時的にはまだ良いが、ダンシングの後心肺が追いつかず足も疲れ切ってゼハゼハしている間に、シッティングの人に追い越されるという悪夢を見ることになる。


また、前をきちんと見るようにするのが大切だ。見ていないときに何が起こるかわから無いのだ。低い姿勢では前を見るのにかなり顔を上げなくてならないが、高い姿勢では楽に前が見れる。これも高い姿勢の利点なのだ。

デブの運動エネルギーは馬鹿にしてはいけない。時速10キロ出ていなくてもそのまま突っ込めばバンの後ろドアをベッコリとへこませ鎖骨をぼっきり折る位のことは簡単にしてのける。デブでなかったらそこまでは行かなかっただろうが、デブは違うのだ。ましてや時速20キロや30キロ出てしまえば、簡単に死人が出る。前を見て刻々と変わる状況をクリアすることが必要なのだ。


足は、足首が120度位の角度でペダルに乗せる。拇指丘がペダルの真ん中に来るようにする。がに股にならない、膝を開かない、が基本だが、若干がに股でも問題はない。

ペダルが一番下の状態で若干膝が曲がっているようにする。道の段差などを乗り越えるとき膝をまっすぐにすればサドルから腰が浮かせられるので自転車のダメージを軽減できる。


手の位置ですが、ずっと一定方向を持つのはかなりの負担になります。腕が痛くなり手のひらがしびれます。様々な角度で握って手のしびれを回避しましょう。これはドロップハンドルの方がやりやすい。手のしびれに関してはドロップハンドルの圧勝です。フラットバーハンドルの場合は、アシストグリップをつけて、横と縦の二方向くらいで握れるようにしておきましょう

"デブと姿勢" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント