ワイドぷりんとNEO

今回の武田邦彦先生の講演会で、横5m縦90cmの横断幕が必要になった。業者に頼むと3万円くらいかかるらしいが予算がきつい、ってことで相談を受けた。

前から垂れ幕を作っていたので、それを複数つなげるとできると思い、やってみた。

プリンタはエプソンのPM3700C。プリンタは民生用はほとんどがロール紙非対応になってしまって最後の2万円台のロール紙対応A3ノビプリンターになってしまったような気がする。製造中止を聞いて慌てて買った。

ただ、インクの容量が驚くほど少なく、今回も3本使ってしまった。ランニングコストは最悪。せいぜいキャノンの9位の容量があればいいのに。ふざけてる。

加えてすぐに目つまりするふざけた設計。起動するとヘッドクリーニングのために驚くほどインクをから噴射シクサルし、最悪。キャノンでロール紙対応が出ていたら、エプソンなんか買わない。

今まで買ったプリンタはエプソン10台以上。すべてインクつまりでクリーニング不可になり廃棄処分になった。それに比べキャノンは3台しか買ってない。というのは、すべて稼働しているから。エプソンと同じ条件で、壊れもせず、目つまりも起こさず、問題なく稼働している。この差はあほみたいだ。きれい汚いとかいろいろ言うが、まずは>確実に動作することが一番大切だと思う。悪いことは言わん。エプソンはやめなされ


まあ、仕方がないので買ったPM3700Cだが、前回印刷より一ヶ月しかたっていないのに、インクがほとんど出てこない状況に陥る。で、ヘッドクリーニングを繰り返すこと数十回。二日がかりで(二三回クリーニングしたら6時間ほどおいてからまた繰り返すのが効率的。待っている間に目つまりしたインクが溶ける。)やっと使える状況に。(でも、次の日にはスジが入ってまたまたヘッドクリーニング。ひどすぎ。)

プリンタの愚痴がひどくなったが・・・

このプリンタの付属プログラムでは、2mまでのものしか作れない。今回の依頼は5m。縦の3分割は確定なのだが、横もとなるとやってらんない。ので、対応できるプログラムを探してみると、あった。

画像


なんと長さ20メートル、幅2?mまでの代物が印刷可能。ロール紙に打ち出す方法が不案内で、マニュアルを見てもどこ見てもなかったのだが、窓口に質問したら親切丁寧に教えてくれたので、問題なし。

ただ、どうも印刷にバグがあるみたいで、切り取り指定で切り取ったらうまくつながらなくなってしまったとか(隙間をマジックで染めた)、印字したら一字打ち出さなかったとか(最初に作ったときは打ち出したのに、二枚目を作ったら、同じデータなのに打ち出さなかった・・・これって致命的じゃないかい?・・・新たに打ち出して貼り付けた)いろいろある。癖があるようなので、何回かやればそこら辺も飲み込めるだろうが、そこはちゃんとできるようにしなきゃならねえだろう。と思う。

一本20mのプリンタ用紙2本まるまる使い、インクを二本半使い(半分は目つまりクリーニングで使い切った)何とか完成。4400円+3600円で完成。3万円よりは安かったらいいか。ちなみにソフト代が6千円弱だっけか。ソフト代上乗せで請求するか?どうしよう。



Canon インクタンク BCI-9BK ブラック
キヤノン

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Canon インクタンク BCI-9BK ブラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"ワイドぷりんとNEO" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント