わけがわからない>wavプレーヤー

firefaceUSBsettingesを起動して、clockmodeからSampleRateをいじると、DSPで変換しないでも違うサンプリングレートのものを再生できることがわかった(遅すぎ)。

で、サンプリングレートコンバートのDSPをはずすと・・・音質大幅向上。
特に激変したのが、リファレンスレコーディングスの、176.4kHzの音源。今まではどこか位相が変な感じで、中抜けしていたのが、きちんと再生できるようになった。なんだこれは。


今までしてきた音質評価がガラッと変わってしまうではないか。


もう、なにがなんだか。


192の音源もかなり変わる。空気感や音場、細かい音色や情報量がぐっと増えた。



また、プレイヤーでも音がころころ変わる。もうなにがなんだか。

もういっちょ、192はいいのだが176がきちんと認識されないものがある。176が192と認識されるので、いやにテンポが速く再生される。192は音質がいいプレイヤーなので、この変な現象は困ったものだ。


なにがなんだかわからない~~~

"わけがわからない>wavプレーヤー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント