MR-1000の電源関係の覚え書き

外部電源の電圧低下は想定していない。

外部電源がどの程度まで下がると動作不能を起こすかも想定していない。

単三動作での電圧低下でのシャットダウンはあり。

ただ、何ボルトまで下がるとシャットダウンに入るかは検証していない。
と言っていたが、検証していないわけがないので、教えてくれないだけだろう。

外部単一電池で長時間安全に録音する場合は、単三電池ホルダーに接続した方が、電圧低下でのシャットダウンが行われるので、たぶん安全。外部電源端子につなげた場合、電圧低下でシャットダウン動作が行われるかはわからない。

外部電源に電圧をかけて駆動している場合、何かの拍子にプラグが抜けると最悪故障になるので、できれば単三電池は入れておいた方が良い。


たぶん、単三電池と外部入力とは電源コネクタのところで一緒になり、その後の電源安定化回路に入っていると思われるので、外部電源に乾電池を使い電圧降下が起こった場合でも、(メーカーなだめだと言うが)問題なくシャットダウンが行われると思われる。

"MR-1000の電源関係の覚え書き" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント