山形交響楽団2月定演

山形交響楽団が結構すごいので、ここのところ定期演奏会に行っている

19年の2月は

西村 朗/桜人 ~オーケストラのための~
R.シュトラウス/オーボエ協奏曲 ニ長調
チャイコフスキー/交響曲 第4番 ヘ短調 作品36

すべて良かった。

結構時間がたっているので印象が薄くなっているが
チャイコの四番はまだ覚えている。

むちゃくちゃできが良く、CDで販売して欲しいほど。音楽の深いところの評価は出来ないが、ともかく聞いていての爽快感がすごい。

また、各パート間のバランスが良く、とても楽しめました。

いつもはすまなそうに押さえて吹いているトロンボーンとチューバが、ここぞとばかりに気持ちよさそうに吹いているのがすごく良かった。

まあ、そう言う曲なんだけどね。吹奏楽出身としてはこのパートががんがん出てくれるとうれしいのです。

気持ちよく整っている上で飛ばしまくった楽しい演奏でした。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック