オーディオシステム更新

SPECのパワーアンプを入れてシステムがとりあえず完成しました

メイン G-0s P-05 D-07X FL202(290Hz 18db/oct) RPA-W5ST(左右一台づつ)
    オーディオテクノロジー 15E102 15H52 アクトン BD20-6
  
サブ1 PD-T04S A-09 SS-G7

サブ2 PC U-05 未定(HypexかTPA3251D2EVMか)
    Scan-Speak D2905/9700 vifa 17(型番忘れ

マークレビンソンの32Lはまだ迷っています。悪くないんですが、なんか甘くなるんですよね。

メインは完璧にCD、SACD、PCaudio、専用です。生禄もD-07Xを通して聴く形になります。いろいろやりたい時はサブ1で。ただ、SS-G7のツイーターがへたりきっていますのでナニか考えないとまともな音にはならないようです。

ケーブル類はあまり考えていません。信号はバランス接続してます。意味ないかと思いますが・・・

ウーファーと中高域の2wayの遮断特性は290Hz で18db/octが一番良いようです。位相は正相でも逆相でもあまり変わりがないのですが、正相の方が若干よさげなので正相で。ただ、ソースと気分で逆相になるかも。12dbだと逆相一択なんですが。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック