Hypex のアンプ UcD400HG

今度は低域用に搭載してある UcD400HG です。試聴環境は同じです。電源は専用?の SMPS400A400 です。

内部写真は気が向いたら載せます。

HxR12モジュールがありません。また、どうも載せてあるOPアンプが安いやつ???のようです。

ユニット自体が違うので、この差のせいかどうかわかりませんが、全体的に若干あらい感じがします。若干ですので本当に違うのかどうかはわかりません。ただ、少し気になります。比較してわかるような差です。全体の音質はほぼ同じです。でかいウーファーに使うと緩い感じはこちらの方が少ないと思います。小さいウーファーでも低音の質が高いように思いますが、4H52ではほぼ同じです。

値段で3000ユーロ違うので、この分が痛くないなら、UcD400HG with HxRの方が良いでしょう。マルチアンプの低域用としては申し分がないと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック