牛丼

某県庁所在地の駅前の立ち食い牛丼屋(&そば)で牛丼を食べてきた。値段は700円台。結構良い値段。

店に入って水を飲む。コップに白い粒がついていた。味噌の粒か?ちゃんと洗っていないようだ。水を入れている容器の取っ手がぺたぺたしている。

既製品のすき焼きのたれの箱が目につく。タレは出来合いのようだ。

味噌汁はインスタントをお湯で溶いている。できあがったのは、ネギが四つかけらほど入っていたが、紛れもないインスタントの味。しかもあまりうまくない方。味噌汁の容器も汚れていたようで、何か素手でこすっていた。

牛丼は・・・

まず目についたのは、シラタキの多さ。2cmくらいに切られているシラタキが7~8割を占めている。肉はごく薄い物が3きれ。1cmx3cmくらいの大きさの物。あとはタマネギがひとかけら。店頭にある写真に写っていた焼き豆腐はない。楽しみにしていたのに。

ご飯は、ばっさばさ。家の炊飯シャーだと3日以上保温していないとお目にかからない状態。ばっさばさで、しょっぱい味のタレが大量にかけられている。結果、どこを食べてもしょっぱ甘い。市販のすき焼きのタレご飯状態で、なおかつ原液に近い。それが下にたまるほどかかっている。

肉は、某所の牛のようだが、これだけ味が濃くて、なおかつ少ないと味わうどころではない。

あ~、東○力飯の方がずっとうまいではないか。吉○屋には及びもしない。で、値段は倍。家の近くの定食屋の牛丼と同じ値段。で、肉が吉○屋の半分以下、定食屋の三分の一以下。味が悪くて完食も出来ない。

すごい物を食べさせていただきました。

宣伝文句はすごかったんだけどもねえ。250円なら何とか許せるかなあ。でも、250円でも2ちゃんでは炎上するんだろうな。客に提供できるモンじゃなかったな。



で、蕎麦もあるのよ。ジャンルとしては、立ち食い蕎麦・・・なんだろうな。値段が生そばで400円弱と、これまた割高。
そば粉の香りとか、すっごいこと書いてあるのよ。店頭のPOPには。

でも、私見たんです。冷凍だった・・・・orz

いや、冷凍で悪いということじゃ無いんよ。そこそこの味なんだと思う。でもねえ、そば粉とか言い始めるのは、ちょっとちがうとおもうんよ。吉野屋の蕎麦って、機械練りだと思うけど、押し出しところてんだけど、きちんと蕎麦の香りがして、でもあまりうまくないけど少なくとも冷凍じゃないぞ。冷蔵だと思うが、冷凍だとは思わないぞ。蕎麦の香りがちょっといやらしいけど、ちゃんとしようというキモチはあるぞ。でも、蕎麦の香り云々は言っていないぞ。その点はとっても良心的だと思うぞ。小諸そばだって、そばが健康に良いとは書いてあるけど、そば粉のかほりとか書いていないぞ。富士そばなんか健康のけの字もないぞ。いさぎ良いぞ。大昔長野で食べた駅そば、そばの香りがしてとてもおいしかったけど、駅そばとしての分をわきまえ、黙々ととても良い仕事をしていたぞ。

でも、確認のために食べるんだろうな。そば。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック