ラジオグラバーMX 加筆済み

ずばりのタイトル

でもステマじゃないよ

中島みゆきのオールナイトニッポンがどうしても聞きたくて、ラジオとかループアンテナとか買い込んだのですが、山形県じゃ何とも電波状況が悪すぎてソニーで一番高感度も最高評価のループアンテナも意味が無く、放送は雑音の彼方

山形放送はオールナイトやっているのに中島みゆきのオールナイトニッポンだけやってないんだもんなあ。山形放送はそこそこ安定してエアチェックできるので、やっていないのは残念。

そうそう、現在のソニーで一番高感度(ICF-EX5MK2)も、むかーしむかしのカセットデンスケラジオつきには勝てない。デンスケの方がずっと感度が良い。ソニーで一番が勝てないのだから、松下とかじゃ歯が立たない。松下のラジオは・・・クソだ。うんちだ。今回はお下劣な表現オンパレードだ。クーガもスカイセンサーには勝てなかった。クーガはカセットデンスケラジオつきにも勝てていない。ちなみに両方持っていたりする。


で、ラジコがたよりだが、ラジコって結局情報弱者の味方じゃないのね。企業の代弁者でしかないのね。このクソが。今回は汚い表現が多いです。うんちぶりぶりです。

ラジコはインターネットでラジオ放送が聴けるという物だが、サービスエリアという物が決められていて、そのエリア外は聞けない事になっている。なぜそのようなわけのわからない仕様なのかはわからない。エリア外で聞けるという事は、サービスエリアが広がるという事で、放送局にとっても広告主にとっても視聴する対象人数が広がる事になり良い事である。ラジオ放送は、パッケージソフトとして販売されることは少なく、仮にパッケージソフトとして販売されるにしても、一般に知られている方が販売率も高くなる。例を挙げれば、私は山田ルイ53世のラジオを聞くまでは、そねみ男なんてのがあってインターネットでダウンロード販売されているなんて事はは知らなかったし、ニッポン放送の過去のコンテンツが一部ダウンロード販売されているなんてことも知らなかった。知らないと言うことはないことと同じで販売にはつながらない。一般に知られて販売につながる。したがって、関東地域内だけじゃなく日本全域に知られた方が販売数は上がるはずだ。スポンサーも同じで、たとえ関東ローカルの販売であっても、知られれば上京した際にお土産として買っていく可能性も出るが、知られなければ、買って行かれる可能性は限りなくゼロだ。

つまり、放送局にも広告主にも利益はあっても損失はない。損失があるとすれば中央の局をネットしている地方の局だが、地方局の自社制作番組を作らない怠慢につきあう必要はない。加えて、地方と中央の情報格差を助長し、地方の発展の阻害となっている。情報がないと言うことは新しい物を作り出す時の阻害にしかならない。

ラジコという枠組みがいったんできあがってしまったからには、悪い意味で枠は固定され、横並びの好きな日本のマスコミではブレイクスルーは期待できない。マスコミは格差格差と喧伝するが、ほかならぬ自分たちが格差を作り出していると言うことに気がつくべきだ。

したがって、ラジコはクソである。視聴のエリア制限が撤廃されたら神になるのだが、現在はクソでうんこである。


クソには限りなくグレーで対抗しようという事でこいつを導入した。ラジオグラバーMX。グレーというよりは黒だが、黒でもクソではない。ラジオグラバーはラジコよりもクソではない。黒いだけだ。意味不明だ


ラジオグラバー(以降ラジグラとする)は、とりあえず全国の放送が聴ける。中央の地方差別を撤廃してくれる、いわば革命である。9800円の革命である。そこかしこでステマしまくりのようだが、革命には活動資金が必要だし、地方で放送を聞くのが悪というのがラジコの主張なのだから、レンタル鯖だろうがなんだろうが、地方で聞く事、その行為自体が黒なのだ。だから、鯖を借りてもグラバーで聞いても、どちらも悪。脱法行為、になるらしい。だったらエアチェックはどうなるんだ?ラジオで聞いてもだめなんじゃないのか。ラジコの主張はここでもろくも崩れるのだ。

まあ、インターネット経由で聞かせてくれるというのだから、いろいろあるのだろうし、まあ、大人の事情で仕方がないのだろう。クソにも三分の道理。


ということで、革命を推進するラジオグラバーなのだが、これがなかなかに黒い。

思い出して欲しい。倫理と権利でがんじがらめになっていた日本の携帯音楽プレイヤーが、倫理も権利もクソもない、真っ黒な韓国製携帯音楽プレイヤーに駆逐されたことを。倫理も権利も無く自分の欲望に突き進んだ・・・人はこれを韓国面に落ちるという・・・真っ黒な韓国製音楽プレイヤーが、ブレイクスルーを生んだ。だから、ラジグラは黒くても良い。

人によってはステマで批判する向きもある。たぶん、ステマは思いっきりやられていると思う。が、アフリエイトに目がくらんだアフリエイター達の暴走・爆走も多いのではないか。聞けばアフリエイトの率は20%・・・・5本売れば只で手には入ることになり、うまくすればもうけられる。それが暴走を生んでいるのではないか。

まあ、色々と問題があることも確かだ。私もうさんくさいと思った。買うまでに二週間迷った。ラジオを二台買って、アンテナを買って、家の中で受信ポイント探しをやって、結局だめ、と言うことになって、仕方が無くて買ったのだ。

もう一度書く。この文はステマではない。感想と防備録だ。


さて、ラジオグラバーのインストールは簡単だ。レンタル鯖で視聴する比ではない。費用も月800円ほど。まあ、当局に上げられて使用不可なんて事になると目も当てられないが、とりあえずレンタル鯖よりは安い場合が多いと思う。

使い方も難しくはない。使用説明も探せば出てくるサポートもそれなりにきちんとしている。

ただ、細かいところがきちんと作り込まれていない

スリープから復帰して録音、スリープ中の録音って機能もある。実際そんな事ができれば良いのだが・・・あのなあ、HDDの電源も落とさずどこもここも通電しっぱなしでスリープの意味はあるのか?まあ、ちゃんと動けばいいよ、家では一度も成功したことはない。サポートに質問するととりあえずQ&AのURLは送られてくるのだが、そんな設定をしても全く出来ない。し、サポートはそれ以上はやってくれない。やってくれるかなと思ったが、全くやらない。

したがって、自分は省電力なPCを一台組上げて、スリープや休止を切って、鯖のような物を作って、24時間運転させている。

これで問題が片付くかと思ったら大間違いで、日が変わったら一度終了して再度立ち上げないと色々なゴミがたまって動作が怪しくなる。だから、一日一度終了と立ち上げをしなくてはいけない。

毎週予約も波乱を含んでいる。思ったような動作をしない。予約した番組が勝手に消えてしまうのだ。んでもって消えたり消えなかったりする。予約を忘れるのを防止するための毎週予約なのだが、毎週予約が勝手に消えるのでは毎週予約の意味はない。また、毎週予約設定した番組が、予約番組一覧表に出たりでなかったりする。出たりでなかったりするタイミングもランダムだ。理想はずっと出っぱなしだと思うが、二日前になると出るとかすっと出っぱなしとか予約当日出てくるとか、予約時間になると表示されないまま録音が始まるとか、かなり勝手気ままな動作をする。

勝手気ままなので、こっちは不安だから毎週予約だけではなく、単発で思いついた時に予約を入れて、予約漏れがないようにする。そうするといつの間にか予約画面に表示が出て、二重で録音が始まったりする。

二重で録音が始まってきちんと二つファイルが出来れば問題ないのだが、片方はきちんと録音されるのに、片方は初期化失敗なんてエラーが出て、空のファイルができあがる。たまに二つファイルが出来たりする。

ここも予測不可能な動きだ。

この、予測不可能ってのが一番たちが悪い。が、まあ、完璧に録音されないという事はなかったので、まあ、安心していた。


そうあの日まで・・・・・後編に続く








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック