デブとパンク修理

デブの自転車はパンクしやすい。原因は単純で、体重が重いからだ。

パンクには二種類ある。

一つは、とがった物を突き刺してしまって起こるパンク、釘とか画鋲とかホッチキスの針とか栗のイガとかバラのとげなど。すべて実際に拾ってパンクしてしまったものだ。これはデブだろうと何だろうと関係なくやってしまう。このパンクは、原因となる物を取り除かない限り、すぐさま空気が抜けてしまう。栗のイガなんかは見えにくいのでやっかいだし、ガラスの小さな破片なんかだと、ゴムの中に隠れて探せなかったりするのでやっかい。

もう一つが、リム打ちパンクという物で、道路の段差、小石、木の枝などを踏んでそれとタイヤのリムの間にチューブが挟まってその圧力でチューブがちぎれてしまうものだ。空気圧最大でのリム打ちパンクはデブの専売特許だ。ちなみに空気圧が不足してリム打ちというのは単なる整備不良なので論外だ。

パンクを防ぐには、段差があった場合はスピードを落とし、なおかつ抜重(ハンドルなどを持ち上げてタイヤにかかる重量を軽くすること)や、立ち乗りにして衝撃を受け流す、道の端っこのゴミや砂のたまっているところを走らない、春先の山の中の落ち葉の上を走らない、障害物を極力避けて走る、など、慎重な運転が必要とされる。が、坂登りの半死半生のデブにはそんなことを考える気力はない。糖質はすべてケツと太ももに回っているのだから、大脳は単なる筋肉への脊椎反射の信号を出しているだけの物になっている。何も考える余裕がないので、何も考えず小石を踏んでバッチーンという大音響で意識を取り戻し、やっちまったな~と後悔するのだ。


後悔は先には立たず後からくる物であり、デブは後からくる物であるという点において、様々な後悔を引き起こすわけだが・・・・・意味不明か。


パンクしてしまったら仕方がない。修理をするしかない


最初にタイヤを外す。クイックを緩めて外せばいい。ママチャリパパチャリがおすすめできないわけがここにもある。あれはクイックで止められていないので、タイヤを本体につけたまま修理をしなくてはならないのだ。なれるまでは結構きつい。変速が内装の物もタイヤを取り外すのが難しいので、この点では問題だ。どちらも町中であれば普通の自転車屋さんで修理してもらえるが、その場で自分で修理した方がずっと楽だ。長旅するなら、ロードかMTBを選ぶのが無難であろう。


まずは空気を抜く。空気の抜き方はここでは書かない。買った自転車屋で買った時に教わっているはずだ。教わっていないなら、そんな自転車屋とはつきあわない方が良い

空気があらかた抜けたら、空気を入れるところをちょこっと押し込んで空間を作ったら、タイヤとリムをはがす。これをビードを落とすという。これが結構つらい。長いことタイヤをくっつけたままだったりするとリムとタイヤが融着しているようなこともある。全身の力を使ってビード落としをする。タイヤレバーでこじってもよいが、下手するとタイヤをタブいてしまうこともあるので丁寧にする。

ビードが落ちたら、タイヤの縁をリムの真ん中のくぼんだところに落とす。タイヤを外す時にタイヤの縁がリムの周りにあるとタイヤが動かずなかなかタイヤが外れないが、タイヤの縁をリムの真ん中のくぼんだところに持って行くとそのぶんタイヤは動き易くなりタイヤを外すのが簡単になる。

タイヤを外す準備はできたので、後はタイヤレバーを使ってタイヤを外す。きちんとリムの中央にタイヤを寄せてあれば2~3ミリ程度引っ張れば外れるが、リムの端にタイヤが乗っかっている場合は5~6ミリも引っ張らなくてはならないので、地獄の作業になるし、タイヤにも悪影響を及ぼす。


また、極端に取り外しのしにくいタイヤという物があり、そういうタイヤは使うべきではない。スムーシーという愛用していたスリックタイヤがあるのだが、以前のカラフルだった時の物はパンクにも強く脱着もきわめてしやすい物だったのに、今売られている黒一色の物は、自転車屋さんも手こずるほど脱着しにくい物となり、リム打ちパンクもしやすくなってしかも裾がほつれまくるというなんだか訳のわからないタイヤになってしまった。どうしてしまったんだろう。マキシスのデイトレーターは簡単に脱着ができる上にリム打ちパンクもしにくいので、おすすめだ。


取り外したタイヤをよく見て、パンクの原因を探る。異物の場合はきちんと取り除く。取り除かないと空気を入れている最中にパンクという地獄の結末を迎えることになる。探してわからないと手触りで見つけることになるが、指の先をぐっさりと切ってしまうこともあるので(ガラスとかカッタ-の刃の破片とか)要注意。

リム打ちパンクの場合は打ったところが白くなって見てわかるので(なおかつ心当たりがあるんだよね)これも確認しておく。


自転車に乗っている間(ツーリングとかトレーニングとかレースとか)のパンクは、基本的にチューブの交換で対応する。水たまりがあったり、穴の場所がよくわかるようならパッチで修理でも良いが、基本的には持っているチューブの数の回数はチューブ交換で対応する。


チューブ修理は、チューブに空気を入れて水を張った洗面器等につけて穴の場所を確認。穴の回りを紙やすりでこすって新鮮な面を出して、ゴムパッチを貼り、瓶とか金槌などで転がしたりたたいたりして十分に密着させる。最後に空気漏れがないかを洗面器で確かめる。という手順だ。リム打ちパンクの場合は穴が二つ開いていることがほとんどなので、ひとつだけで安心しないこと。


チューブを取り出したら、手押しポンプで空気を入れて穴が開いていないことを確認する。大丈夫なら少しだけ空気を入れた状態にして、空気バルブをリムの穴に突っ込み、チューブをタイヤの中に押し込む。タイヤは片方をリムに入れた状態にしておくこと。

チューブをタイヤに押し込んだら、少しずつタイヤをリムにはめていく。チューブをタイヤでくるみながら入れていくのがコツ。大半が入ったら、タイヤのビードをリムの真ん中に入れて余裕を作り、最後のタイヤの部分を入れる。タイヤレバーで入れても良いが、下手するとこのときにチューブを噛んでチューブに穴が開いてしまうこともあるので優しく行う。タイヤがデイトナでビードをリムの中央に落としているなら、タイヤレバーを使わなくても入れることができる。

タイヤが全部収まったらタイヤをつまんで、チューブがタイヤの中に完全に収まっていることを確認する、タイヤの縁からちょっとでも出ていると、空気を詰めた時にチューブが破裂する。リムとタイヤの間からチューブが顔をのぞかせたと思ったらみるみる膨らんでくる様は一見の価値ありだが、出先でそんな事態には遭遇したくはない。


確認が終わったら少し空気を入れて様子を見る。異常がなかったら後は規定の圧力まで空気を入れる。旅先なので携帯用のポンプしかないので、後は必死に空気を入れる。肩と腕と背中がぱんぱんになるが仕方がない。炭酸ボンベがあるならそれで入れても良い。

炭酸ボンベだが、これがあれば携帯ポンプはいらないと考えるかもしれないが、注入量の制御が難しい事や下手をすると知らない間にボンベの中身が無くなっていることもあるので、最後に一気に空気を入れる用途に使う事がよいので、その前の空気入れは携帯ポンプでやらなくてはならないので、結経両方必要になる。

空気が入っていくと、バイン(バチン)という音がするが。これはビードがリムに入り込む(ビードが上がる)おとで、この音がしたら使っても大丈夫だと思って良い。


規定値まで空気が入ったら後はタイヤを本体に取り付け、ブレーキをセットする。ブレーキのセットを忘れて赤信号で慌てまくる、なんてことがままあるので、ブレーキはきちんとチェックすること。


ここで必要になる道具は、

タイヤレバー  いろいろあるが、自分はトラデショナルなタイプが好きだ。ほかにも様々なタイプがあるので試してみるのが良い。

パッチ  ゴムにのりがついた物。チューブにRAIRを使っているので、パナソニックを使っているが、RAIRを修理すると言うこと自体が無謀かもしれない。

空気ポンプ  携帯用の小さいのは押しにくいので、重いですがフロアポンプのようなターボモーフを使っている。これだと体重をかけて押せるので100psi程度なら入れられる。ロードにはロードモーフを使っている。多少重かろうが、体重の比ではないので問題なし。


後は炭酸ガスボンベと充填機も持っている。これは使用するとものすごく冷たくなるので、断熱材かタオルを巻いて使う。無ければ靴下でも良い。また、一度に使い切ることが大切。



ちなみにフロアポンプはシリカのスーパーピスタに、ヒラメの横型の口金をつけて使っている。二台あってもう一台は縦型をつけていたりするが。値段は高いが確実でよい。



旅先でのたれ死なないように、パンク修理は確実にできるようになっておきたいと思う。



















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック