WaveLink HS 24/192 USB to SPDIF converter まとめ

ほかに自分で試せるDACの選択肢がないようなので、とりあえずまとめです。
画像


この製品の評価はつなぐ相手DACとの相性で決まるような気がします。

MSBのプラチナム初代では、サンプリングレートの選択などがソースにうまく追従してくれず、結局はfoobarでDSP使用によるサンプリングレート変換を行わなくてはいけませんでしたが、エソテリックのk-03では、ソースのサンプリングレートに自動的に切り替わり、その際のハングアップや雑音などの不具合も全くなく、安心して使うことができました。

音質は、プラチナムDACではfirefaceを上回る音質で、情報量が多く、音のバランスもフラットで、濃密な音でしたが、K-03では、低域が強く重心が下がり、高域にかぶるくらいになっていました。どちらも情報量が多く、きちんとした音が出ていました。


プラチナムDACで安定しなかったのは、プラチナムDAC側の問題のような気がしますが、やや古めのDACですと相性の問題が出てくる可能性があるともいえるのではないかと思います。



総じていえるのは、USBDACよりはDDコンバーターの方が導入が易しいのではないかと言うことと、この製品の音質はこうだと言うことが言いにくいと思います。


PCが絡むと、なんか問題が出た場合は、ユーザーの自力解決しか道はないので、販売先が限定されると思います。また、LINNのように製品が高額なら販売店の出張サポートも可能でしょうが、WaveLink HS 24/192 USB to SPDIF converterは、値段が値段ですので、販売店がそこまでできない、もしくは有料サポートになってしまうように思います。商売としてはなかなか悩ましいと思います。

ただ、相性による音の変化がどうなるかはわかりませんが、これを使ってPCからハイレゾデータを送り込んだときの本質的な効果は確実にありますので、LINNのような高額製品が買えないとか、USBDACのようにパソコンから何から一から出直し、にはなりませんので、今の機器を使ってハイレゾの効果を確かめたいときには良い選択肢になると思います。



でも、プラグインパワーってのが一番引っかかります。ちゃんとした電源を与えるといろいろと良くなると思うのですが・・・




フェーズメーション USB D/AコンバーターPhase Tech HD-7A(フエ-ズテツク)
フェーズテック

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フェーズメーション USB D/AコンバーターPhase Tech HD-7A(フエ-ズテツク) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ケンブリッジオーディオ D/Aコンバーター(シルバー) DAC MAGIC SLV(ケンブリツ
ケンブリッジオーディオ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ケンブリッジオーディオ D/Aコンバーター(シルバー) DAC MAGIC SLV(ケンブリツ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ケンブリッジオーディオ D/Aコンバーター(ブラック) DAC MAGIC BLK(ケンブリツ
ケンブリッジオーディオ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ケンブリッジオーディオ D/Aコンバーター(ブラック) DAC MAGIC BLK(ケンブリツ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック