ブリテンの比較試聴

ミュージック昭和さんで、K-03を使って、SACDと176-24音源の比較試聴をやらせてもらいました。

USBのノーマルモードでは明らかにハイレゾのほうがひどかったので、HS1モードで本来の176-24のデータを送り込みました。非同期のHS2モードはPCのハングアップという症状が出たので今回は見送りです。エソテリックさんも試験的に搭載したとおっしゃっていましたし、深く追求はしません。試聴の機材は先週と同じです。

SACDの場合は楽器の輪郭がはっきりして、ばらけて定位します。加えて音の実態感があります。情報も出ています。ただ、上下の高さは出ないようです。

ハイレゾのほうは、残響が多く、空間の広がりや高さが出ますが、楽器の実態感が薄く、全体が団子になって、情報が変な方向に多い様に感じました。もやもやします。

かなりいい勝負でしたが、SACDのほうが、聞いていて気持ちがよかったです。

MR-1000で再生すると、楽器一つ一つの存在感が出て、空間情報は減りますが、楽器が前に出てきていい感じになります。こちらだと、本当に好みの問題になって、明らかに劣る感じはしません。PCは明らかに劣る感じです。

ソースはリファレンスレコーディングスの、ブリテンの管弦楽曲集で1曲目の青少年のための管弦楽入門を聞きました。各楽器がソロで出てくるので比較試聴しやすいです。SACDとデータと両方出ているのでいいんですね。

また、MR-1000で目の覚めるような音楽と音を聞かせてくれたサムシングエルスは、K-03では生彩のない、何かドヨンとした音になってしまいました。MR-1000では相変わらずのキレと情報量ですので、PCからK-03出力にいたるどこかで変になっているのか、K-03の実力なのか、PC、もしくはPCのセッティングやソフトがだめなのかわからないです。

現状では、BGM的にお気楽に聞くのはPCでも問題ないけど、音きめに使うにはSACDのほうがずっといい感じです。とりあえず、エソテリックの32bit用のドライバにカーネルミキサーなどをバイパスするASIOのような機能が入っているのかどうかわからないので、なんともいえません。早いところ64bit用のドライバを出してもらって、WASAPIのはいたモードの威力を試してみたいです。



バラライカ名曲集 オジポフ・ロシア民族楽器オーケストラ(ハイブリッドSACD) 輸入盤 【SACD】
HMV 楽天市場ストア
商品の詳細ジャンルクラシックフォーマットSACDレーベルMercury Liv.presence発売

楽天市場 by バラライカ名曲集 オジポフ・ロシア民族楽器オーケストラ(ハイブリッドSACD) 輸入盤 【SACD】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ストラヴィンスキー:「ペトルーシュカ」、「プルチネルラ」、管楽器のための交響曲 [限定盤] [SACD Hybrid] / ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン (指揮)
CD&DVD NEOWING
コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>枚数限定! ダイレクト

楽天市場 by ストラヴィンスキー:「ペトルーシュカ」、「プルチネルラ」、管楽器のための交響曲 [限定盤] [SACD Hybrid] / ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン (指揮) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック