イノセンス

ということで、イノセンス見てました。
画像


難解だと言われている作品ですが、言い回しが難しいだけで、内容的には単純です。
ロボットの事故から原因を探っていくうちにゴーストダビングを受けていた少女を助けると言うだけの話し。その間におきまりの自己存在のあやふやさを語るだけの話ですね。

自己の存在への疑問ってのは、押井さんの作品にはありがちの話ですので、スパイス程度に受け取っておけばいいでしょう。作品テーマであると言えなくもないですが、難しく考えすぎると難解になりますから、時間のある時に反芻すれば良いだけですね。

アクションかっこいい、雰囲気すっげー、難解な会話センスある~、モトコさんすてき~、画像キレイ~、無国籍雰囲気すげ~、ブレードランナーのパクリちゃう?ってかんじで見ていれば良いだけだと思います。


これも、ブルーレイの威力をまざまざと感じますね。これをブルレイで見た後にDVD見ると悲惨です。音も良いです。

動画部分の線が細くて手書き絵としてのエッセンスに乏しいのは、CGと融合させるための手段で、成功していると思います。攻殻2.0の様な無様な浮いた感じは全くなく、極めて高い質感で画面が調和し構成されています。映画としても、最高傑作の一つじゃないでしょうか。

見たい回数 5回


イノセンス アブソリュート・エディション [Blu-ray]
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
2008-08-06

ユーザレビュー:
話は好きなんですがブ ...
BDP-LX71&K ...
異色の攻殻作品少佐を ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック