録音機材原始編

私の最初に買ってもらったオーディオ機材は中学一年の時に買ってもらったソニーのラジカセでした。CF1300というモノ
画像

ヤフオクの商品写真を直ばりって・・・・ごめんなさい?
こちらに詳細があります。

このころは、ステレオマニアは必ず電車や機関車の生録をするのがお約束でしたので、これを持って走り回っていました。

また、テレビのアニメなどの主題歌を生録してまして、ラインコードなんか思いつきませんでしたので、テレビの音をそのままマイクでろくおんしてました。妹が騒ぐと怒鳴ったりして。そっちの方がうるさかったりして。

イヤホンケーブルから録音するのに、抵抗入りケーブルを使うのか抵抗の入っていないのを使うのか・・・・いやあ、悩んだ悩んだ。

これで寝る前にNHKFMのクラシックの番組を聞くのが(カセットテープなんか買えませんからエアチェックなんかできない)毎日の日課で・・・・良くマグネチックイヤホンクラシック聞いていたわ。

あと、その辺に落ちていたラジオのシャーシとスピーカーとボックスを使って真空管アンプなんかでっち上げてそれを聞いていました。大学に入った時に捨てられたんだなあ。

それはトランス入りだったので感電しなかったけど、トランスレスのやつは良く感電して・・・

あと、パイオニアのダブルコーンのスピーカーキットを作って(完成品よりも安かったので)、9ミリベニアの箱に入れて(スピーカーの穴を開ける時に彫刻刀で少しづつ削って・・・刃が滑って大けが)でも音が悪くて・・・・あ~あ
PIM16KTというやつ。KTはキットのKT
画像

画像




これがトラウマでスピーカーは作らないと思ったのだが・・・なぜか今はスピーカー作りが専門?

次回は高校生。PAX16も出るよ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック