上条恒彦

高校の時でしたか、木枯らし紋次郎がはやりまして、その主題歌を歌っているのが上条恒彦さん。
で、懐かしくて久々にアルバムを買いました。

画像


LPで「上條恒彦ベスト20」というのを持っていて、アルバムジャケットが一面を四分割にしてそれぞれに表情の違う上條さんのアップが・・・一目見て「きたねえ」って。毛穴がぼつぼつでそこからもじゃもじゃのひげが・・・

画像


まあ、好きな人には良いのかもしれませんが・・・

それが良かった印象があるので結構期待して買いました。
はじまりの足音が・・とかほしかったけど、他にも良い曲が入っているから良いか。さとうきび畑と出発の歌とどこかでだれかがの三曲で2000円分あるな。

上條さんは声を張ってバンっと歌っている時が本領発揮ですね。ゴスペルとかものすごく似合う。逆にさとうきび畑のような弱音部が続くような曲だと、フラストレーションがたまる。その分校斑が気持ちいいわけだが・・・

あれの主人公って男の子だったんですね。

出発の歌とどこかで誰かがは、やはり最高です。良い物は良いですね。

録音も良い感じです。帯域もそこそこあるし質感も良い。声が気持ちが良いです。70年代のポップスの録音って気持ちが良いです。いじってない感じがします。その分若干荒れ気味になったりしますが、曲が盛り上がるので気になりません。ボイスディストーション?

この2曲は名曲です。もし持っていない人がいたら、おすすめします。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック